2012年07月16日

大津市のいじめ

ここ毎日のように取り上げられている、「大津市のいじめ」。

日に日に様々な事が分かってきています。

私も自殺したお子さんと同じ世代の子を持つ保護者です。

この事件のニュースで真相が分かってくるにつれて、胸が痛む思いで見ています。

本当に何とか出来なかったんだろうか・・・と。

この子の命は助けることができたんじゃないかと。

もし私がこの子の父親なら・・・自殺した子と同じ痛みをいじめていた子供たちに味わわせてやりたいと思ってしまい、学校に乗り込んでしまいそうです。殺してしまいたいと思ってしまうかもしれません。

この子が残してくれた様々なメッセージ。決して無駄にしてはいけないと思います。

私たちが子供の頃の先生って、よく叱ってくれました。叩かれもしました。

叩かれたり、叱られた時は「くそ腹立つ~」と思っていました。

けど、それを家に帰って親に言うと「あんたが悪いことしたから、先生に怒られるんや」と逆に親に怒られました。

今思うと確かにそうなんですよね。悪いことをしてるから怒られたり、叩かれたりする。

当たり前のこと。そういった環境が今の学校には無いような気がします。

今は先生が注意や怒ったりすると、親が怒る・・・それがおかしいのかと思います。

だから、怒ってくれる先生が減ってしまったのではないでしょうか。

確かに過度の暴力はいけませんが、人の痛みとかを知るうえでは、友達と殴り合いのケンカしたり、先生のゲンコツは必要なのではないかと思います。

実際、私は学校の先生に「悪いことしたら殴ってもらっていいですよ」と言っています。(妻もです)学校の先生がかなり驚いていましたが・・・

学校で先生方がもっと子供たちを叱れる環境も必要だと思います。

今、丁度ドラマでやっていますが、GTOの鬼塚みたいな先生が各学校に1人は居てくれたらいいのに・・・と思ってしまいました。

枠に入らない先生、子供の目線に立てる先生。居て欲しいですね。

○君、しんどかったね。

辛かったね。

出来ることなら助けてあたかった。

何もしてあげられないだろうけど、何かしてあげたかった。

安らかに眠って下さいね。

亡くなったお子さんのご冥福をお祈りいたします。

posted by sora at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする