2018年02月15日

S-ICDを埋め込みしたら警察へ

S-ICD(皮下植込み型除細動器)を植込みした場合、一次予防か二次予防によりますが、運転免許にある一定期間制限がでてきます。
私の場合は意識消失が無かったので、一次予防目的でのS-ICD植込みでした。
一次予防は植込み後1週間以上経過し、意識消失や除細動器の作動が無い場合は車の運転が可能となります。
(1)のアに該当(診断書を参照)
その時には手術を施行した病院の医師に公安委員会提出用の診断書の提出が必要となります。
img057.jpg


警察提出後、数日経つと自宅の方へ「運転適性相談終了書」が届きました。
コチラの書類は大事に保管してく必要があるそうです。
今後、6か月以内に運転免許の手続きの際にはこの運転適性相談書を持参するそうです。
(私は来年更新なので、その時には持参しなくてはいけません)
また6ヶ月後(8月頃)には公安委員会提出用の診断書が届くそうで、医師に診断書を記載してもらわなくてはいけないようですね(^_^;)

img059.jpg

img060.jpg
posted by sora at 23:51| Comment(0) | くらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。