2018年01月17日

23年目の阪神・淡路大震災

1995年(平成7年)1月17日 5時46分52秒
M7.3の兵庫県南部地震が発生しました。
三木市で地震を体験したのですが、今までに感じた事のない大きな揺れだった事を今でも覚えています。

私はその時間、深夜勤務で患者さんの血圧を測定していました。
倒れてくる点滴台、吹っ飛ぶテレビ。
患者さんに点滴などの物品が当たらないようにするのに必死でした。
そのあと、直ぐにテレビをつけると、地震の火災で燃え盛る長田のまち。

私は産まれて2歳まで長田で育ちました。
おじさん、ばあちゃん、大丈夫かな…と心配になりました。
数日後に長田の町へ行ってみると、以前の長田とは全く違う町に変わってしまっていました。
本当に言葉もでませんでした。
何もできない無力な自分に情けなく思った事を覚えています。
学校の同級生が震災で亡くなった事や、祖母が震災の関係で亡くなった事。
この震災は色々な物を私から奪っていきました。

もうあれから23年。
そして、今日5時46分52秒、深夜勤務でした。
何とも言えない胸を締め付けられる思い。
辛いけど、この震災は次の世代へ伝えていかなくてはいけません。
決して風化させてはいけないんですよね。
帰宅してから、震災の特集をしているテレビを見ながら子供にも震災の話をしました。
忘れないで欲しいと願いながら。

ニュースでも報道されていましたが…
阪神・淡路大震災の震災モニュメントへの落書きが発見されました。
悲しいですね。この様な事をされるのは。
このニュースを見た時に、悲しくなり涙が流れてしまいました。
お願いだから…これ以上被災者の方々を傷つけないで欲しいと強く願います。
posted by sora at 22:17| Comment(0) | くらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

広告コード